小さな ねこハウス

こちらは猫専用の一時的保護施設です。営業目的の猫カフェではありません。

Entries

虹の橋の向こうへ

21日未明に保護子猫バッチー君が亡くなりました。

生まれつき腸を動かす筋力が弱く
常にガスがたまりお腹はパンパン
そして便秘。

でも食欲はありゴハンの時は嬉しそうでした。
ただ栄養摂取は上手くいきませんでした。

バッチー君より1ヶ月も後に生まれた
チーム奥出雲のほうが大きくなっていました。

バッチー君は最後の夜に酷い下痢をして
そのまま意識がなくなりました。


絶対&絶対、命を簡単に捨てないで欲しい。
20日から始まった動物愛護週間は
秋の交通安全週間にすっかり呑まれています。

動物愛護に興味のない方にも来場してもらいたいです。
いよいよ明日です
ポスター19
スポンサーサイト

ミミ母さんの子供達

普段寝ている時以外はチョロチョロしているので
個別に撮影したことがなかったのですが
来月1日(日)の譲渡会前にポートレートを
キチンとしておこうと思います。

長女ピピ
ピピ1

ミミ母さんと同じパステル三毛です。

長男ニニ
ニニ1

オスに多い茶白くんです。

次女びび
びび1

ハチワレっぽい黒白ブチです。

次男べべ
べべ1

一番小さく一番声がデカい茶トラです。


このように全員体の色も模様もバラバラ(笑)
仲良し兄妹です。
譲渡会に参加します!



秋のイベント第一弾

おそらく台風一過だと思われます。

お近くにおこしの際は是非お立ち寄り下さい。

チラシいのちだんだん1 - コピー

チラシいのちだんだん2 - コピー


盲目猫

本日の保護猫さんです。

もう今年度何匹目になるのかワケわからないのですが
彼女はとある民家に6日間じっとしていました。

その時の写真
ありす0

すでに長い時間放浪していたようですが
しっかり鈴付きの首輪をしています。

そして両目とも白内障
ありす1

歯はそれほど黄色くありません。
年齢がハッキリしないところです。

なぜなら猫の白内障について調べてみたら

「猫の白内障は、老齢や
糖尿病が原因となる場合はあまり
なく、猫の白内障の原因は、多くが
外傷によるものであるといえます」

うーーーん、白内障のせいで飼い主に捨てられた
可能性大。

可哀想に。これからどうするか、ゆっくり考えよう
ありす&チーム森村 - コピー

お腹いっぱい食べて、安心してお休み


*CommentList

譲渡会

浜田動物愛護会マーブルを結成して
11月で丸5年になります。
ずっと譲渡会を開催したい!と考えてましたが
メンバーの居住地がバラバラである上
生身の動物を展示する場所を貸して下さるアテがなく。

しかし今回は浜田市環境課のご協力を得て
県西部、初の単独開催にこぎつけました。

usb-20170914204501001.jpg


保護猫さん達に温かいお家が見つかりますように


*CommentList