小さな ねこハウス

こちらは猫専用の一時的保護施設です。営業目的の猫カフェではありません。

Archive [2017年08月 ] 記事一覧

チームミミ

今日は某保健所からの依頼で親子猫を引出しました。三毛猫母さんと5匹の子猫です母さんは負傷猫として収容されました。足をケガしていて、今もマトモに歩けません。子猫達は収容中に生まれました。必死に生きている親子です。絶対に幸せになってもらおうと思います。...

トライアル開始

保護子猫ふみちゃんがトライアル開始しました。感染性の下痢を患い、あまり体重が増えずそれでも食欲は旺盛で、他の猫のお皿を横取りするような子でした(笑)さ~ら~に~トイレを完璧におぼえることはなかった・・・新しいお家に行くんですよ?大丈夫ですか?ほんとーーーに大丈夫?「・・・・・」あ、ムッとした^^;;トライアル先にはすでに正式譲渡したカズキ兄ちゃん(現:清志郎くん)がいるしきっと大丈夫だよね!...

バッチリ君

今朝のバッチー君ものすごく汚れていた原因のひとつは恐ろしいほど分泌され続けた耳だれでした。それが投薬の効果でおさまってきたのでかなりキレイになりました。真っ黒なバッチー君から本来茶白のバッチリ君になるまでキチンとお薬飲もうね。残念ながら右眼の角膜は傷がついて白濁。多分見えていないだろうけど左眼がある!普通の生活には全く支障ありません。チーム熱田の3にゃんとチョロチョロ部屋中を走り回ってます(笑)...

きすき姉妹

新顔のおんにゃのこ達は、先月負傷動物として保護されました。場所は雲南市木次町。なので「きすき姉妹」。安易な命名だな~(笑)とてもキレイな青い目の姉妹です耳が黒く、鼻筋にも黒い毛がある右側が「アクア」全体的に白く、ぽっちゃり体型の左側が「マリン」まるで宝石のような目です。今が一番可愛い時期なのに、箱に入れられて遺棄されてました。おまけにアクアの右前足は複雑骨折しています上手く歩けないけど、元気いっぱい...

超甘々

保護子猫のさとる君とこてつ君はめでたく同じお宅でトライアルすることに。茶トラは甘えん坊のオレ様だといいますがまさにさとるは当てはまります。普段は自分からぐいぐいいくタイプ。こじろうにじゃれつくこじろうは大げさなのでキャーキャー言ってます。ふみにじゃれつく身体の大きさが違うでしょ!手加減して~バツ1のさとる。今度こそ、こてつといっしょに赤いザイルをゲットしようね「うん、そうする」...

正式譲渡決定

先ほど嬉しいメールが届きました。トライアルしていたチームニャンのなっつ嬢の正式譲渡が決定いたしました。美猫なのに縁遠かったな~新しい飼い主さんいわく「ナッツは本当に賢くて良い子です」とのこと良かったね、なっちゅん。末永く幸せにね...

悲しくてたまらない

保護子猫のうずらが亡くなりました。昨夜11時30分、ミルクの時間には元気でした。しかし、先ほど4時に寝床をのぞいたら冷たくなっていました。突然のことで頭の中は真っ白です。いったい何がいけなかったんだろう?涙が止まりません。買い物用の白いビニール袋に入ってやって来た子猫2匹は「要らない」というレッテルを張られた命でした。その子達はたった1ヶ月の間に虹の橋の向こうへ行ってしまった。実は後からやって来た...

タイミング悪い

保護子猫のこじろうは弟妹の面倒をよくみる心優しいお兄ちゃんです。今日はエミとのツーショットそんなこじろうに良縁が巡ってきたというのに真菌に感染して右頬にハゲを作るわ、抵抗力が落ちて発熱し、関節痛で左前足がつけずびっこをひくわ、あげく膀胱炎になりトイレにこもるわ、で困ってしまいました。なんてバッドタイミング(汗)希望者さんに一週間の猶予をいただきましたがこの暑さにやられたかなー?...

頑張れ!チーム熱田

生後約1週間で保護されたチーム熱田は6匹のうち3匹も発育不良のため亡くなりました。小さな亡骸を前に、涙が止まりませんでした。しかし頑張って生きている3匹はパッチリ目が開き一生懸命ミルクを飲んでいます。部屋の中をチョロチョロするようになりましたブチ1匹とキジ2匹は皆男の子だと思われます獣医の先生いわく「全滅すると思ってた」縁起でもないことおっしゃる(汗)きっと楽しいことが待ってるよ。成長して幸せをつ...

ふみ&うずら

保護子猫のふみはうずらより少しお姉ちゃん。オーナーお手製(作成の所要時間5分)のダンボールハウスがお気に入りですそこへうずらがやって来て言いましたお姉ちゃんなら入れてあげるよね~~と思ってましたが爆笑...