FC2ブログ

小さな ねこハウス

こちらは猫専用の一時的保護施設です。営業目的の猫カフェではありません。

Archive [2019年01月 ] 記事一覧

めいこのお昼寝

保護時にひどい猫風邪をひいていためいこ。後遺症の鼻炎に悩まされる日々ですがそれでものんびりまったり過ごしてます。自分より大きい猫さんと引っ付くより後輩にゃんことお昼寝することが多い。めいこ&しめじめいこ&ふうか保護猫達は皆、親を覚えていない。加えて兄姉弟妹を亡くしている。めいこも例にもれず弟を亡くししめじは兄のマシューをふうかは2匹の妹を亡くしました。元気に成長してくれただけでも幸運?いやいや、こ...

おとにゃのおんにゃ

保護猫のこころさんが一人で寝てます。肉球のピンクが綺麗ですね~お次。こころさんがボブに甘えています。ボブは眠そう。これから二人でお昼寝かな?そんなこんなで(どんな?)こころさんはボブを他の子にゆずるつもりはないようです目が「あたしのボブ兄ちゃんは誰にも渡さないわよ」と言ってます(大汗)こころさん、いつの間にかおとにゃになったニャー...

いつもの寝姿

気づけば一週間もブログを放置していました!日曜日のマーブル譲渡会では残念ながら誰にもお声がかからず撃沈。引きずっているわけではないのですがそろそろ皆ネットの募集や新聞広告を考えているところです。オーナーの危機感を知らない猫さま達はまったり~箱入り息子かつみ&そらボブの大あくびそして、一体これは何???答えは昼寝中のエミ。頭も耳も尻尾も足も上手く隠したね(笑)...

居残りゴマくん

優秀な母猫ニャンは身体が小さく若いのに6匹もの子猫を産み、全員無事に育て上げました。子猫にはオーナーが運転中に考えたスィーツ関係の名前をつけました。ハニィ・ココア・チョコ・ナッツはメス。ゴマ・プリンはオス。このうち5匹は新しい飼い主さんに引き取られ幸せに暮らしています。背中がゴマ塩模様のゴマくんは生来の恐がりで居残りました。小さい頃現在カッコいい男の子に成長しました。でも対峙した時、尻尾をあげてく...

長毛猫

保護猫のみくには毛が長くパッと見、優雅な感じですしかし、この毛が短かったり濡らしてペッタリしちゃったらその痩身ぶりがバレてしまいます。いくら食べてもガリガリなのです。それも近親交配のせいかな?この長毛はスタッフ猫のヒカル似です優雅にフサフサ~~しかし、みくには優雅ではありません。れな・ふうか・しめじをオモチャにして遊んだりキッチンの流しにある生ゴミを盗んだり助手が撮影した決定的瞬間です(汗)いくら...

第14回譲渡会

今年初の譲渡会は地元開催です!会場はJR波根駅前のおしゃれなカフェNilson Cafe日本海まで10歩! 素敵なお店です。こんな場所で譲渡会できるとは、感謝&感激です。加えて、スペシャルゲストにARドリームロードさんをお願いいたしました。しかし大雪の場合等は欠席です。新しく小さな家族をむかえたい方動物愛護に興味がある方是非ご来場下さい...

家猫修行・ひめかの場合

益田市鎌手の海岸で保護されたひめかには他に兄妹が2にゃんおりました。お兄ちゃんとひめかは生き延びたけれど、もう1匹は車に轢かれて亡くなっていました。むごいなぁ・・・いきなり母猫から引き離され知らない場所におかれどうしたらいいのか子猫にはわからないじゃない。ひめかも猫風邪をひいていました幸いにもすぐに治り、飼い主希望者さんもいて順風満帆な猫生かと思っておりましたが出戻りました。バツイチです。そうこうし...

家猫修行・ギンの場合

浜田市長沢町で保護したギンちゃん。ちょうどマーブルの譲渡会の日で野良猫グループに袋叩きにあってオーナー知人に救出されました。保護時、目がギンギンしていたのでギンちゃんと命名疥癬で肌と毛がカピカピ全体的に薄汚れていて身体はガリガリオスゆえにケンカばかりしていたのでしょう。ものすごい食に対する執着アリ元々人間からゴハンをもらっていたのかオーナーに心を開くのは早かった。でも他猫の中で上手く過ごせるかなー...

家猫修行・かつみ&みくにの場合

生後8ヶ月になるキジ猫兄妹は持ち込まれた時にはへその緒がしっかりついていたにもかかわらずリアルに実子を養育中の母猫がいてちゃっかり一緒に育ててもらいました。でなきゃ死んでた代理母のカアコはめっちゃ人間が嫌い。でもかつみ&みくには早目に自宅へ移動させ人なれさせました。(カアコの実子達も人なれしてます)本当に仲良しの兄妹で引っ付いて寝ている姿をよく目にします引っ付くだけでなく最近ではかつみ(兄)がみく...

家猫修行・じゅんの場合

浜田港近くで保護された三毛子猫は両後足が動かず、引きずりながら大声で存在を知らせてきましたレントゲン検査の結果、彼女の背骨は真ん中で2カ所折れていました。言葉は変ですがキレイにポッキリで特に治療はなく自然にまかせました。猫の骨はつきやすいらしいです。保護した月にちなんで「じゅん=JUNE(6月)」と名付けられた子猫はその後も病院と縁が切れず髄液が体内に漏れて膿疱を形成し⇒破裂、をくり返しオーナーも...

Menu

プロフィール

ねこハウスオーナー

Author:ねこハウスオーナー
島根県で猫好きさんが集える場所
保護猫さんが新しい飼い主と出会える場所
猫さんとの生活をイメージできる場所を
提供できたらと思っています
<問い合わせ先>
090-1688-6045

最新記事