FC2ブログ

小さな ねこハウス

こちらは猫専用の一時的保護施設です。営業目的の猫カフェではありません。

Entries

家猫修行・じゅんの場合

浜田港近くで保護された三毛子猫は
両後足が動かず、引きずりながら
大声で存在を知らせてきました
じゅん0

レントゲン検査の結果、彼女の背骨は
真ん中で2カ所折れていました。
言葉は変ですがキレイにポッキリで
特に治療はなく自然にまかせました。

猫の骨はつきやすいらしいです。

保護した月にちなんで「じゅん=JUNE(6月)」
と名付けられた子猫はその後も病院と縁が切れず
じゅん38

髄液が体内に漏れて膿疱を形成し⇒破裂、を
くり返しオーナーも助手も大変でした。
しかし本猫、毛を丸刈りにされエリカラを
つけられても全然問題なし。


ねこハウスに4年6ヶ月。
じゅんは今では完全に普通の猫です。

ただ他の猫が大・大・大嫌い。
これには困っています。
じゅんだけのための部屋は用意できません。

人間には愛想がいいのにねー
じゅん52

もう体調に心配はないと思われるので
1匹飼いして下さるお宅を探そうね



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ねこハウスオーナー

Author:ねこハウスオーナー
島根県で猫好きさんが集える場所
保護猫さんが新しい飼い主と出会える場所
猫さんとの生活をイメージできる場所を
提供できたらと思っています
<問い合わせ先>
090-1688-6045

最新記事