小さな ねこハウス

こちらは猫専用の一時的保護施設です。営業目的の猫カフェではありません。

Entries

アンケート集計結果

小さな命の写真展でご来場いただいた方に
お願いしたアンケートの集計結果です。


アンケート回答者41名

☆どちらからお越しくださいましたか?

浜田市 29名
江津市  2名
益田市  7名
その他  3名

☆年齢

10代     2名
20代     1名
3~40代 21名
50代     7名
60代以上 10名

☆写真展の開催を何で知りましたか?(複数回答あり)

ポスター         13名
ブログ・Facebook   7名
その他(知人・友人・新聞・たまたま来館した) 23名

☆写真展をご覧になった感想をお聞かせ下さい

*この写真展を常設にすることを望みます。
*多くの方に見ていただき動物たちの命の尊さについて考えていただきたい。
*こういう企画、展示がもっと多くの人の目につくように、みんなの関心が高まりますように。
*見るのを辛く悲しい写真もありましたがこのような現実があることを知ることも大切だと思います。
*猫を2匹飼っているが最後まで大事にしたいと思った。
*1匹でも不幸な犬猫が減ることを願い自分にできることをしていきたい。
*生涯責任を持って飼うことが命を大切にするということだと思います。
*目をそむけたくなるような現実をなかなか知る機会もない日常で改めて命の尊さ、大切さを感じさせて頂きました。
*「増やさないのも愛護だ」という言葉がとても心に響き、この言葉をたくさんの人に伝えたい。
*胸が締め付けられる思いで涙がでました。一人でも多くこの場に来て命の大切さ重さを感じてほしい。
*犬や猫はしっかり人間を見ています。心までわかっています。大事にしてあげて欲しいと思います。
*1人でも多くの方に里親になってもらえるように。殺処分をゼロにしたい。
*娘が犬を飼いたいと言っております。代々犬は飼ってきましたが子供も小さいのでもう少し考えたいと思います。
*猫を2匹飼っているが迷子札を着けていなかったので大切さがわかって良かった
*年間16万頭、大変な数の命が亡くなる。ゴミになる。ショックです。帰ったら子供に話して家族で来たい。
*悲しいこともある中に生きる勇気と希望を感じさせて頂きました。
*現実を知らないことの責任を考えました
*小規模な写真展ですがどの写真も心に刺さりました。皆様の地道な活動が多くの人の心に響き殺処分される動物がゼロになってほしい。
*今から新しく飼うとなると年齢的に厳しいし、可愛いだけで飼うことはできないと展示を見て思いました。
*日本はもっと命について子供のころから教える必要があると思う
*写真の持つ力でしょうか。知識として知っていることでも改めて考えさせられました。
*やはり生き物を飼うには、最後まで飼うことを考えてからにすることが必要だと思う。避妊・去勢を義務にすべき。
*自分で動物を飼うときにはちゃんと責任を持って飼いたい
*人の命だけでなく動物の命も大切にしていかないといけないということがわかった。

以上、来場者の皆様が思いの丈を綴ってくださいました感想を一部ではありますがご紹介いたしました。


スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

先日はお疲れさまでした。お会い出来て嬉しかったですー!また次回も是非是非ー。
あのあとWi-Fiが壊れてiOSが使えなくなり、フェイスブックにチャーリーの誕生日投稿が出来ずじまいで居るのですが^^;
前回一緒にお会いした友人に頼んで興味深い記事を見つけてもらったので、良かったら。
http://wol.jw.org/ja/wol/d/r7/lp-j/102011444?q=動物&p=par

http://wol.jw.org/ja/wol/d/r7/lp-j/2013489?q=動物&p=par

これからもねこハウスの猫ちゃんたちの近況を楽しみにしておりますね。
チャーリーは私の隣で伸び切って寝ておりますw
  • posted by 青職人 
  • URL 
  • 2016.07/05 20:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

✡青職人さん

ありがとうございます。オーナーも大喜びでしたよ~
貴重な記事も恐縮です。
チャーリーくん達チーム津和野が1歳の誕生日を迎え
元気で幸せに過ごしてくれていることに感謝します


  • posted by ねこハウスオーナー 
  • URL 
  • 2016.07/06 09:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。