小さな ねこハウス

こちらは猫専用の一時的保護施設です。営業目的の猫カフェではありません。

Entries

虐待されてた

捨て子猫ヒロキは虐待されていました。

病院で詳しく診ていただいたところ
左前足をヒモまたは輪ゴムで長時間
縛られていたようだとのことです。

もう少し遅かったら切り落とさなければ
ならなかったとも。

その話をうかがった途端
思い出したのです。

一昨日かかってきた一本の電話。
「前足にケガをした子猫が迷い込んできた。
どうしたらいいだろうか?」

オーナーは即座に
「動物病院へ連れて行って下さい」
そしたら返事は
「えーーーー?その後どうするんですか?」(明らかに迷惑げ)

オーナー「新しい飼い主さんを探してもらうとか」(ムッとしながら)

相手「なかなか見つからないんですよねー」(オーナーはキレた)

オーナー「とにかくよろしくお願いします!」

これで電話は切れました。
何故オーナーがキレたかと申しますと
この電話の相手は、うち猫モリーを見つけた人なのです。

その時にも完全にオーナーに丸投げ状態。
それで猫を助けてやったという自己満足?

とにかく今回はオーナーから「預かる」とは言いませんでした。

ねこハウス近くに住んでいる人なので
まさかとは思いますが
電話直後にあまりに状況が似ている子猫を
保護するなんて・・・!

一番かわいそうなのはヒロキくん
ヒロキ1

それでも人への信頼を失わず
縫合してもらう時も痛みに耐え
ねこハウスに戻ったらゴロゴロいう。

絶対幸せになろう!!


スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

せめて里親様が見つかるまで保護するくらいの覚悟と誠意を持ってほしいですよね(怒)


それにしても私が預かった子と本当に良く似ています。
ふじこさんが私の送った写真を見てヒロキ君と勘違いされたのが納得できました。
  • posted by おでぶにゃんこ 
  • URL 
  • 2016.07/12 10:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

✡おでぶにゃんこさん

お手数&ご足労おかけしました。
保護子猫が皆、幸せになってくれることを
願ってやみません

  • posted by ねこハウスオーナー 
  • URL 
  • 2016.07/13 05:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。