小さな ねこハウス

こちらは猫専用の一時的保護施設です。営業目的の猫カフェではありません。

Entries

ペース

それぞれの猫さんに独自の時間が流れてます。
いわゆる「マイペース」

保護子猫のくるみ君も個性的です。
オーナーがエサ袋を持ってゴハンの支度中
同室の他の猫たちはオーナーの足元で
「早くーちょうだーい」
「お腹すいたーー」
などと訴えておりますが

くるみ君は少し離れた場所で
静観
くるみん22

食欲がないわけじゃありません。
それこそ我先にお皿に顔を突っ込むので
他の猫たちが遠慮するほど(・∀・;)

いいぞー
この調子でどんどん大きくなって!


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。